風の上映報告9

2016年10月27日

本日の上映に、詩人の谷川俊太郎さんがお越しくださいました。
映画を気に入っていただけたようで「海外の友達に見せたいからDVDを送って下さい」と嬉しいお言葉をいただきました。
池田監督と、本作に出演している俳優の松浦祐也さん、ユジク阿佐ヶ谷支配人の武井さんとで喜び合いました。

後日、谷川俊太郎さんから、次の文面のお葉書をいただきました。

「鳥居をくぐり抜けて風」
間然するところのない秀作です。

「間然」という言葉がわからず、辞書を引くと、「間然するところが無い」で、「非難すべき点がない。完璧である。」

叫びました。
今日は、衣装担当で、巫女さんを作ってくれた藤原美有さんが、お母さんといらっしゃって、お母さんは、涙を浮かべて、忘れていた世界を思い出させてくれました、とおっしゃってくださいました。

ユジクのロビーで一時間近く立ち話をしてしまいました。

そんな、ありがたいお言葉を頂いて帰宅したところ、谷川さんからのお葉書です。
窓に向かって、正座をして読みました。

今日は、長野に滞在中の池田監督に、早速電話をして、文面をそのまま読みました。
受話器の向こうから、熱い声を聞きました。

映像歳時記「鳥居をくぐり抜けて風」は、いかなる権威にも頼りませんが、お力添えは、ありがたく頂戴します。

この映画を作って、よかったです。
ありがとうございます。

プロデューサー・小笠原高志

監督・池田 将

%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中