3/9(土)岡山県の奉還町四丁目ラウンジカド上映報告

3/9(土)は岡山県の奉還町四丁目ラウンジカドで通算73回目の「映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風」の上映がありました。

上映後の三時間を、初めて会う人、旧知の人、30年ぶりの友らと語らい、奉還町のカドに集う人びとが、それぞれの言の葉をそよぎ合わせながら、繭玉のような空間をつむぎあいました。

それは、生きた最良の時間であり、奇跡でもあります。

自分たちの作品が仲立ちとなって、新しい縁が結ばれたことを喜びます。

ただし、一つ、私の欠点が露呈しました。

それは、話に入り込み過ぎて喉が渇き、ビール片手に語りながら、写真を撮らなかったことです。

皆さんの素敵な表情を撮っておくべきでした。

しかし、懇親会に参加して頂いた方のお名前は、手帳にメモしたので、感謝を込めて、お名前を呼ばせて頂きます。

舞踏の田中さん

サックスの近藤さん

いっこく堂の大岡さんは、大病の後の初外出でした

渡辺さん

赤木さん

三森さん

田崎さん

里見さん

3時までつき合ってくれた工藤さん

広島から泊まりがけで来てくれたリチャード・フォレスト君

30年ぶりの懐かしの友・三好夫妻

二次会では、ご自宅に招いて頂き、格別な酒と手作りの逸品をご用意してくださった海渡さん

立美の生徒で、翌日閑谷学校を案内してくれた岡本母娘、菊田さん

ほんわかした空間を作る奉還町カドの成田さんは、とっても気持ちよく接客してくださいました

そして、今回の上映会を企画してくださった立美の生徒だった宇野澤君。

みんな、ありがとう。

なお、写真の二枚目は、現在、岡山県高梁市で地域興しに尽力しているハブヒロシ(パーカッション)と。

二人で主に、池田監督が如何にしてゆいさん(現・池田夫人)を口説いたかについて語っているところです。

ありがとう。

岡山奉還町ラウンジ・カド

ゲストハウス「とりいくぐる」

次は3/23(土)京都芸術センターです。

近い方は是非ぜひお越しください。

小笠原高志/プロデューサー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中